島藍農園

石垣島の藍染め-島藍農園

 

 

日本の最南端・沖縄・石垣島に島藍農園があります
石垣島の恵まれた自然の中で化学肥料や除草剤など使わない土作りをし藍染の原料となる八重山藍を自然のエネルギーいっぱい愛情いっぱいに育てたオーガニックな藍を収穫、発酵、染料作り、染めから製品開発までを一貫して手作りで行っています。そんなゆっくりと流れる時間の中でできた藍染を島藍と名づけました。
私たちが栽培する八重山藍は『南蛮駒繋(ナンバンコマツナギ)』と言い、日本で栽培できるのは八重山諸島が北限とされています。
島藍はスローライフのやさしさ、豊かさ、オーガニックの安全さを提供いたします。

@Pengin Twitter